のんびりハイキングで北アルプスを満喫してきたぞ!

「のんびりハイキングで北アルプスを満喫してきたぞ!」のアイキャッチ画像

どうもキュウ(@kyu7_com)です。

昨年から再開した山登り、憧れの北アルプスにも何度か行きました。

何度か立ち寄った北アルプスの玄関の上高地ですが、僕はココから見える穂高連峰の山並みが大好きなんで、上高地をのんびり満喫したいと常々思っていました。

が、まいどまいど

M氏M氏
キュウさんのんびりしないで横尾まで2時間目指して行くニコ!
M氏M氏
さ、タクシー乗ってとっとと帰るニコ!

山友のM氏に河童橋から穂高連峰の写真を撮る程度で強制終了させられて終わっていました・・・

もっと上高地を満喫したい!あわよくば徳沢園でキャンプもやりたい!声地探訪の聖地巡礼もやりたい!

そんな思いからライト層の山友を誘い上高地に行く計画を建てていました。

4日前に焼岳の上から見る上高地はまだ晩夏の様子だったのですが、上高地入り前日に雪がふりどんな景色になっているのか非常に楽しみでもあります!

 

バスで上高地入り!

上高地へはマイカー規制がされており上高地の入り口釜トンネルの前には常に門番が立ちはだかりマイカーは入ることが出来ません。

そのため低公害車のバスかタクシーまたは徒歩で行くことになります。

いつもはM氏に車で沢渡駐車場まで行き、登山時間も何気タイトなので駐車場からは早朝タクシーを利用して上高地入りしていますが今回は東京からバスで行ってみることに!

なんか駅で仲間と待ち合わせをしてバスに乗って行くって行為がすごい久しぶりでワクワクします。

通常新宿から行くのがメジャーなルート?らしのですが、東京駅からも上高地行きのバスが出ていたので全員のアクセスが良い東京駅で集合して僕は近所にあるコンビニで翌朝の朝食とキャンプ地までの行動食を買いました。

バス降りたら早朝でまだお店も開いていないですからね!

バスは僕らを含めて乗客が他に2人しかいないので好きな所に座ってくださいとの事でしたw

もしかして東京駅発は空いてるのかしら??

さわやか信州号:東京~上高地

一番うしろなら後ろの人に気兼ねなくシートを倒せるぞと思ったので一番うしろの席を予約していたので後ろの席に座りましがコレがまー揺れる揺れるw

グッスリ寝息をたてて眠る仲間を横目にデリケートな僕はほとんど眠ることが出来ずにiPadに入れた漫画の岳を読んで上高地へ北アルプスへの想いをつのらせます。

岳を読んで山を始めてようやく北アルプスの玄関口からの穂高岳を眺めることが出来ると思うと更に興奮して眠ることが出来ません!

談合坂SAと諏訪湖SAで休憩と八ヶ岳PAで運転手さんの仮眠休憩を挟んでいよいよバスは釜トンネルへ入って僕たちは大正池で下車しました。

凍てつく遊歩道大正池~上高地

まだ真っ暗闇の中大正池のバス停でバスを降ろされまして、とにかく暗いのでヘッドライトを付けてみます。

事前の調べでバス停の近くにトイレが有ることを調べていたのでとりあえずトイレに行っているうちにだんだんと夜が明けてきました。

準備をしているうちに周囲が見渡せるくらいまで明るくなったので池まで降りられる道も見えてきたので大正池へと行ってみました。

夜明けの大正池とそびえる焼岳はまるで水墨画の様でした。

4,5日前は積雪どころか夏山の様だった焼岳が白く雪化粧をしていました。

この景色にテンションはあがり写真を撮りまくりましたが、とりあえずお腹も空いてきた事ですし何処かで朝食でも洒落込みましょう。

河童橋方面に行くと遊歩道があったりして比較的登山装備でなくても歩きやすい箇所も結構あります。

これまた開けて焼岳がよく見える広い場所が出てきたので、朝食のお時間です。

めんどくさいのでお湯とかは沸かさずにかんたんに済ませます。

いまから北アルプスの山々とツナがっていく!ってことでツナマヨのおにぎりを食べました。

適当に穂乃果ちゃんを撮影しました(何

つかぼーっとしてるとめっちゃ寒いw周囲が明るくなってくるにつれてどんどんと気温が下がっていく気がします。

寒いけれど周囲の木の合間から見える明神岳

今日は晴れそうな予感がするそんな天気です。

初めて見たよ田代池。

池の水は凍ってはいませんでしたが、冬は氷るのかね??

アッアッ、あとちょっとで穂高も見えそう・・・

晴れろ!!

絶景の期待にテンションは上がりつつも気温はさがりとうとう遊歩道まで霜がおりてきました

でもほら、すぐ上の雲が取れれば穂高連峰丸見え!

あと少しアッアッ・・・

でも橋が氷る姿にちょっと引いたw

この辺りからどんどんと底冷えしてきて足も冷たい(;´Д`)

アッアッ・・・明神は見えた!

穂高橋・・・へえこの先が西穂高岳の登山口だからかな〜

なんて思っていたら

見える前穂高岳?奥穂?

穂の字つながりで穂高岳と穂乃果ちゃんを一緒に写真を撮ったつもりだったけど明神岳と撮れてました(何

山仲間のN師(誰 が

N師「猿が威嚇しながら餌食べてるね〜」

なんて言ってたので振り返ってみると猿がいましたw

全然気が付かなかったよ!

穂高橋を超えた辺りから川沿いを歩くんでそこそこ開けた場所にベンチやらテーブルやらがあるのでねんどろいど撮影がはかどります😊

しかしふと気がつくと山仲間のH氏(誰 がバスを降りたときはテンション高くてペチャクチャ喋っていたのに随分と静かになり青ざめた顔色・・・

ぼく「へいき?寒い??」

H氏「寒すぎるはやく河童橋?ってところでテント張ろうよ・・・」

ぼく「いや河童橋はむしろスタートだよwそこからまだ2時間歩くよwww」

H氏「えー・・・」

N師「いやー寒いねw」

N師はたのしそうであるw

ウェストン碑も初めて見た!

へぇ・・・(特に感想無し

上高地バスターミナル付近にくるとチラホラと散策している人も増えてきました。

のんびり歩いて1時間焼岳も随分と遠くに見えるようになりました。

つかめっちゃ雪化粧じゃん!しかも青空!

見上げるとホテルの裏に奥穂高岳もはっきり見える!

そして6時過ぎに河童橋到着ヽ(^o^)丿

河童橋付近のお店はまだ開いていませんでしたので、外で温かいものでも飲みましょう。

だってこんなに絶景なんだもん・・・

めっちゃ晴れた!ワイの雨男疑惑完全に払拭された瞬間でもあります!

木漏れ日の中、徳沢園までのんびりハイキング!

こんな霜が降りるほど寒いとは思わなかったので、今回は軽量化を目指してアルコールストーブを持っていきましたがお湯がなかなか沸かないw

それでも火のぬくもりが暖かいw

温かい珈琲が出来上がるまで穂乃果ちゃんを撮影しながら楽しみます。

寒いけど楽しいひととき!

山に向かっていただきます!

ドリップ珈琲なら淹れてる間に冷めちゃうけどパーコレーターなら熱々の珈琲がいただけます!

熱い珈琲で気力とか色々モチベーションも復活!

さあ徳沢園目指して出発!!

河童橋から歩いて数分のところに小梨平のキャンプ場があります。

いずれはココでもキャンプをやってみたいな〜なんて思いながら通過しようと思ったときにフトおもいだします。

たしかこの辺りから絶景が見られると・・・

ちょっと寄り道して行きましょうと提案して梓川の方に行くと・・・

広がる穂高連峰・・・( ゚д゚)ポカーン

天気良すぎてジャンダルムまで見えるよ・・・

せっかくなんでカッコいい写真を撮ってもらっちゃったw

太陽の光がとても暖かく、写真を撮ったり撮られたりしているうちに身体も温まって来たので、歩くと暑くなりそうだったので着込んだものをココで脱いでさあ出発!

結局なんだかんだと1時間以上河童橋から小梨平で遊んで満足満足!

いつも通過する場所でのんびり遊ぶのも今回の上高地ハイクならでは!

登るのも良いけど下から眺めるのも天気が良ければ楽しい!!

さあ徳沢に向かって再出発!

元気に歩いていきましょう!

水たまりのような池があり明神岳が覗き込みます。

夏に来たばかりの見慣れた登山道ですが、明らかに色合いも変わり初めて見る景色が楽しくて写真を撮るのも忘れてしまいます(何

明神に到着!

ここで先程コーヒーを飲みすぎたのでちょっとお花を摘みに行ってきましたw

そして小休止。

天気が良くて暖かくなってきたのでストレッチなんかをやりながら身体をほぐしていきましょう(´ω`)

なんか前日の雪のせいか夏よりも水量が多く軽く沢みたいなところもあったり

明神岳が見える絶景ポイントがあったり

楽しくハイキングをすることが出来ました!

木漏れ日が気持ちいい(´ω`)

ずっとこんなだったら良いのに・・・

そして本日の目的地徳沢園が目前に!

徳沢園のキャンプ場が見えてきました!

いやー歩いた!

大正池から約10キロ6時間かけてのんびりと上高地を散策しながら本日の目的地に到着しました!

山に向かって乾杯!

お昼ごはんの時に飲んだビールが最高にうまかった!

みんなお疲れ様でした!

さ、地上の楽園北アルプスの徳沢園でキャンプを楽しみましょう!!

上高地散策まとめ

本日のデーター

  • 合計時間6時間11分
  • 休憩2時間20分
  • 距離10.6km
  • 大正池5:15スタート〜徳沢園11:17ゴール

平坦な道のりだけど小梨平をすぎると多少のアップダウンや道悪な箇所もあるので必須では無いけれどハイキングシューズやトレッキングポールがあると便利かも。

僕は10月の楽天マラソンで新調したトレッキングポールを持っていきました!

さいごに

とりあえず長くなりましたが、ハイキングの記録を書きました。

M氏とゴリゴリ山を登るのも楽しいですが、のんびりと気兼ねない仲間とハイキングをするのも非常に楽しかったです。

さあさあ長くなったので次回は徳沢園でのキャンプを楽しんだ記録を書いていきましょうかね〜

それじゃ~またノシ

関連記事

 

 

 

 

この記事を書いた人

キュウ

キュウ

酒と音楽とフットボールが有ればそれで良い。このブログは普段気高く生きる僕の心の闇を吐き出すそんなブログにします。
お問合わせは上記リンクまたは
kyu7.com.info@gmail.comへ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)