秋葉原周辺のラーメン屋まとめてます。

秋葉原は昨今ラーメン激戦区になっており行列しているお店も沢山あります。なるべく並ぶ事が少ないラーメン店を掲載しているつもりなので一度見てみてください。

秋葉原周辺ラーメン店まとめ

MacBookPro(13-inch.mid2012)をHDDからSSDに換装したら最強MacBookPROに変わりました!

パソコン スマホ

機械をみると、とりあえずネジの位置を気にするキュウ(@kyu7_com)です。

実は機械を分解したり改造したりするのは大好きなんですが、ちょっと複雑な物を分解すると元に戻せなくなりそのまま放置しちゃっているのも色々とあります(ニガワラ

僕は現在、自宅でブログを書いている時は2012年に販売されたMacBookProを使っています。
なかなかキーは打ちやすいし使いやすいし僕の中では気に入っているPCです。
やっていることは特にMacじゃなきゃダメだって事には使ってませんが仕事では常に自作したWindows機を使っているのでまあON、OFFを切り替える意味でも遊んでいる時はMacBookProを使っています。

そして最近のMacBookProですともう標準でSSDが付いているのですが、僕が購入した2012年モデルはまだHDDでした。
いくら遊びで使っているMacBookProとは言えHDDだと結構何かをする時に立ち上がるのが遅かったりデーターを読み込むのに遅かったりとイライラする事も多数ありました。

なのでMacBookPro(13-inch.mid2012)のHDDをSSDに換装してみました。

※尚、今回紹介する改造を実施するとまず間違いなくApple並びに関係各社の保証は受けられなくなりますので良く考えて実施してください。お手持ちのPCが故障しても当ブログでは一切の責任ま持ちませんので、あくまで自己責任で改造等を行ってください。 

HDDとSSDの両立

昨年の秋にMacBookProのメモリー増設をした事をブログに書きました。

メモリー増設の時はブログに書くこと前提で写真を撮りながら作業を勧めていました。
しかしHDDからSSDへ交換したのは写真のデーターを見ると2年前のことなので、当時まだブログは書いていませんでしたが、もしかしたら何かの役に立つかと思い写真を取っていただけなので多少解りにくいと思います。
そんな訳でMacBookProのカスタマイズ教えちゃいます!

SSDとHDDが搭載されたMacBookPro

SSDって容量がデカイのを買うと結構お値段するじゃないですか。

だからSSDはなるべく容量の少ない物を購入して後は外付けHDDとかって話になるんですが、スタイリッシュなのかウリのMacBookなのに外付けHDDとかってどうなの?

と言うことで僕のMacBookProは既存のHDDと新設したSSDを両方搭載して使っていますw

f:id:kyu_com:20170801190822j:plain

多分Twitterかなんかでドヤ顔でUPした際に面倒だからスマホで撮影しましたw

HDDとSSDを組み込むと何かを捨てなければいけないので、DVDドライブをハズしてその中にHDDを入れました。

という事でその手順を思い出しながら紹介してみます。

SSDに換装するために用意するもの

旧型のMacBookPROに必須なものですので必ず揃えたほうが良いです。

SSD

ノートパソコンなので2,5インチの一般的なSSDの内蔵型を選びます。

内蔵光学ドライブをSSDに置き換えるキット

SSDそのものはHDDの入っていたところに入れるのですが、今回の目的はSSDとHDDの両方搭載したMacBookPROを作ることです。

光学ドライブが入っていたところにHDDを取り付ける為のマウンターなので必須です。

単純にHDDからSSDに換装するだけなら必要ないですよ。

僕が当時使ったものは秋葉原の実店舗で見つけたマウンターを使ったのでDVDドライブをUSBで使うためのパーツが入っていました。

林檎派Mac用パーツ
林檎派Mac用パーツのページ。林檎派Mac用パーツMa...

トルクスドライバーT6

HDDを外すのにトルクスドライバーが必須になります。

精密ドライバー

MacBookの底のカバーを外すのに必須です。

SSDを取り付けよう!

手順

  1. 底のカバーを外す
  2. HDDを外した箇所にSSDを入れる
  3. 光学ドライブを外してマウンターに既存のHDDを取り付ける
  4. 裏蓋を戻してSSDにHDDのデータをインストールする。

f:id:kyu_com:20170801192831j:plain

既にSSDを載せ替えた写真しか有りませんでした・・・orz

しかし内部の構造は簡単なのでビス等を外すだけで換装できます。

f:id:kyu_com:20170801193637j:plain

DVDドライブを外す時にちょっと一手間かかりましたが、落ち着いてビスを外して行けば問題は有りませんでした。

ちょっと一手間掛かった方が終わった後の充実感が半端ないですからねw

f:id:kyu_com:20170801194658j:plain

ハズしたDVDドライブはそのまま林檎派のキットに付いていたUSB変換ケーブルを使えば外付けDVDプレイヤーとして使えますよ。

f:id:kyu_com:20170801195424j:plain

ほらこんな感じで。
なので現在はCDを買ったらこの外付けDVDドライブを使って曲を取り入れています。

OSのインストール

セット完了したら今度はmac osのインストールをやります。

折角SSDをセットしても今のままだと使えませんからね。

 

  1. HDDのバックアップを取る
  2. SSDのフォーマット(消去)
  3. フォーマット(消去)したSSDにmacOSのインストール
  4. HDDを一度フォーマットしてからバックアップからほしいデーターを入れる

HDDのデーターをバックアップします。

僕はTime Capsuleを使ってバックアップをとりました。

 

Mac の電源を入れた直後に、キーボードの「command (⌘) + R」を押してmacOSユーティリティからSSDのフォーマをします。

フォーマットが完了したらmacOSユーティリティのmacOS再インストールをクリック。

macOS 復元について
macOS 復元のユーティリティは、Time Machine から復元する、macOS を再インストールする、ヘルプ情報をオンラインで取得する、ハードディスクを修復または消去するなど、さまざまな場面で活躍します。

同じくmacOSユーテリティからHDDをフォーマットしてバックアップから必要なデーターを移行させれば完了!

SSDの方は基本アプリの立ち上げ等で使い、写真のデーターなんかはHDDの方に管理すると良いと思います。

使用感など

今回は写真を整理していたらSSDに換装して今まで使用していたHDDをそのままMacBookProに載せるSSDとHDDの2個乗せを実現させたわけですが、実際使ってみると快適ですね。
流石にHDDでOSを起動させるとスタンバイから回復する時も結構時間が掛かっていたのが、2年経過した今でもストレス無くOSが立ち上がりアプリの起動もサクサクです。

また動画などのデーターはHDDの方にぶち込んでおけば、わざわざ外付けのHDDを付ける事無く作業ができます。
ただやはり現在円安の影響もありSSDのお値段が結構しますね。
道具揃えたりすると総額2万円くらいになってしまうと思うのですが、まだまだ古いMacBookProで頑張りたい方なんかは結構オススメしたいカスタマイズ(改造)です。

SSDはインテル製の物が欲しかったのですが、当時高値だった為に割りと格安だったサムスン社製の物を取り付けました。

今値段をみたら結構するんですね・・・

そしてSSD、HDD2台乗せ載せに必須な光学スペースマウンターってやつはAmazon等でも販売している様ですが、この場合USB変換ケーブルを別に用意する必要があるみたいですね。

そしてHDDを外す時にイヤラシイ事に一箇所だけT6ネジが付いているのでT6ドライバーが必要になります。

 何度も言いますが、必ず自己責任でSSDの換装等を行ってください。

さいごに

古いMacBook Pro (13-inch, Mid 2012)のメモリ増設で快適になった
さて僕は5年前くらいにRetinaディスプレイが出た頃2012年モデルのMacBook Proを購入しました。…
Appleの初売りでMacbook12インチを買ったぞー!!!
今年も物欲全開のキュウです。実は先週1月2日のApple初売りでMacbookを買ってしまいました!MacbookProじゃないよ!MacBookだよ!

そして実は年始に買って現在、仕事で使っているMacBook12をどうやって改造してやろうかな・・・なんて考えたりもしていますが、とりあえず保証期間内は余計なことをしないで大人しく使っていこうと思い伏線を張ったまま終わりにしたいと思います。

それではまた~ノシ

コメント